香典などの扱いについて

葬儀などの場では香典を扱う機会があります。そういったときには多数の人からお金を預かっておくという責任が伴いますからきちんと管理をしていくということが必要になります。規模などに応じて、その受け取った香典を収納しておくためのものを用意しておくと安全性を増すことが出来ます。参加者だけでなく介入してきた不審者などによる盗難の可能性なども考えておく必要があるからです。香典は多くの人から集めるという関係上、総額にするとかなりの金額になるということがあります。したがって、鍵をかけられる金庫がある場所を利用することだとか、肌身離さずに纏めて持ち歩くということなどをして安全性を高めたり、防犯意識を持つようにする必要があります。また、金額の多寡に関わらず香典返しなどをするためにきちんと列席された方などからの芳名をいただくということも必要になりますから、金銭の扱いだけに集中せず、受付などもきちんと行うという必要性が出てくるのです。

ページ一覧

  • TOP
  • 昔と現在のお香典スタイルを比較してみる
  • 葬儀の香典に関すること
  • はじめて一人で香典を持ってお葬式
  • 香典返しの概要について